活性酸素を増やさない生活習慣が理想

皮脂分泌が盛んになって酸化した皮脂や古くなった角質が毛穴に詰まってできるにきび、紫外線による日焼け、日焼けなどがきっかけで色素沈着するしみやそばかす、加齢によるたるみやくすみ、乾燥などで起こるカサつきやしわなど、肌トラブルには様々な症状があります。

肌に悪影響を及ぼす活性酸素は、生活習慣の乱れ、紫外線、ストレス、ハードな運動などで増加します。
生活が不規則になると睡眠が不足しがちです。

肌作りは睡眠中に分泌されるホルモンによって促されるので、美肌を保つには早寝早起きが必須です。
規則正しい健康的な生活を送ることが大事です。

肌の調子を整える栄養素

じゃだの調子を整えるには、材料となる良質なたんぱく質、その代謝にかかわるビタミンB、コラーゲンの合成に必要なビタミンCを摂取するといいとされています。
たんぱく質は、肉、魚、大豆製品、乳製品に、ビタミンCは、野菜、果物、いもなどに多く含まれています。
活性酸素の働きを抑える抗酸化成分をとるのも有効です。
β-カロテンが豊富な緑黄色野菜、ビタミンEが多いナッツ類、ファイトケミカルを含む植物性食品などを意識して食べましょう。

しわ、たるみの改善

しみやたるみは、基本的に加齢による筋肉の衰えによるものです。
誰しもに起こりうる自然な老化現象です。
女性の場合、口元にできるほうれい線が気になるという人が多いですが、左右の口角と頬の筋肉を、交互に引き上げるような運動を1日に20回程度行うことで、多少改善されます。

また、顔のマッサージによって血行をよくしたり、表情筋という顔の筋肉を鍛えるような運動をすることで改善する場合もあります。

おすすめの食品・成分

カツオ たんぱく質
ビタミンB6
たんぱく質とその代謝を助けるビタミンB6を含む
ブロッコリー β-カロテン
ビタミンC
ビタミンE
抗酸化作用のある成分を豊富に含む
カキ 亜鉛
新陳代謝を促す亜鉛や鉄などのミネラルが豊富