紫外線対策

様々な害を及ぼす紫外線に肌をさらさないことが一番大事です。

紫外線(UV)は、体内で活性酸素を発生させる要因です。
活性酸素が増えすぎると細胞を酸化させて老化がすすむ原因になります。
また、免疫機能を低下させたり、皮膚がんや白内障など、さまざまな病気の原因になることもあります。

日常生活で、この紫外線を避けることは、美容だけでなく健康維持にとっても重要です。
※日陰でも反射による紫外線はあります。

紫外線対策の注意点

紫外線に注意するのは夏だけではありません。
1年のうちで、紫外線の量が増えるのは3月~9月にかけてになります。
時間帯では、10時~14時くらいの間に最も多くなります。

また、曇りの日でも、晴れた日の半分以上の紫外線にさらされているものです。
紫外線対策は、曇りの日でもしっかり行うように心がけましょう。

さらに、長袖の服をきていても、洋服の上から紫外線は通ってきます。
UVカット生地のカーディガンなどを着て防ぐようにするとベストです。

紫外線から身を守る工夫

紫外線を遮る工夫は色々とあります。
自分にあったものをうまく使い分けていきましょう。

紫外線対策-帽子をかぶる

つばの広めのUVカット効果のある帽子がベストです。
濃い色で目の細かい生地であれば、UVカット仕様でなくても高水準で防げます。

紫外線対策-サングラスをかける

白内障の原因にもなる紫外線はサングラスで遮断しましょう。
ただし色の濃いレンズでは瞳孔が開き、より紫外線を吸収してしまうので、色の薄いものの方が無難です。

紫外線対策-日傘をさす

白は紫外線を反射し、黒は紫外線を吸収しますが、素材や生地の厚さで効果が異なります。
紫外線の照り返しを防ぐ加工がほどこされていれば、より効果アップします。