夏が終わりに向かっているところで大体の人は、真夏の時よりも紫外線対策が疎かになります。

しかし紫外線は1年中出ているのです。

日差しが少ないからといって紫外線対策をおろそかにしては肌が老化してしまいます。

秋、冬だからこそ紫外線対策をしっかり行い来年の夏に向けてお肌をケアしていくことがとても大事です。

秋の紫外線対策はどうすればいいの?

秋は夏に比べると確かに紫外線量が減少する傾向にあります。

しかし油断してはいけません。

お肌の生まれ変わりは一か月とされていますが、今のこの時期は夏場に受けた紫外線のダメージが残っている状態なのです。

しっかりとこの時期こそケアを続けていかないと肌にシミなどが出来てしまいがちです。

夏場ほどとまではいかないですが、日によっては日差しが強くなることもまだあるのでしっかり日焼け止めクリームなどを塗って紫外線対策を行いましょう。

意外と知られていない秋の紫外線

肌の表面にダメージを与えるUVーAという紫外線量は秋にかけて少なくなります。

しかしながら肌の奥までダメージを与えシミやシワ、たるみの原因となるUVーBの量は夏と比べても意外とそこまで変わっていないのです。

ここで油断して紫外線ケアを怠るとシミシワが出来る可能性が十分にあるのです。

食事で紫外線対策を体内から行おう

肌に関しては日焼け止めクリームなどで紫外線対策は可能ですが、体内からの紫外線対策もとても大事になります。

紫外線対策向けの栄養素

ビタミンC

シミの原因であるメラニンが作られるのを抑える。コラーゲン作りを助ける。
食材:さつまいも・にんじん・柿

ビタミンE

血行を良くし、肌の生まれ変わりを助ける。紫外線から肌を守る。
食材:かぼちゃ・さば・いくら

アスタキサンチン

活性酸素を排除し、シミやシワ・たるみに効果的
食材:さけ・えび・かに

飲む日焼け止め

今年はとても飲む日焼け止めが流行りましたね。
飲む日焼け止めは夏だけではなく1年通して飲み続けてもいいサプリになります。
お肌に必要な栄養素がぎっしり詰まっているので是非サプリで体内の紫外線対策を行うのもいいと思います。

 

秋紫外線対策まとめ

秋の紫外線対策だからと言って特別なことをするわけではありません。
あくまでも1年中紫外線は降り注いでいるので季節問わずに常に紫外線対策を行うことが美しいお肌をキープし続けることはできます。

強いて言えばやはり夏場のダメージが残っている9月、10月は特に念入りにお肌のケアをしていくことが大事になります。
美容に関しては休む暇はないので大変ですが未来の自分が喜ぶことを想像して取り組んでいきましょう。