夏は日差しが強く特に紫外線対策が必要な時期ですよね。

ではどのようにして紫外線対策をすればいいのか?

知っていることから意外と知られていない紫外線対策までまとめてみましたのでご覧ください。

紫外線対策-日傘

紫外線対策の代名詞と言えば日傘ですよね。実際使う場合はどのようなところに注意すればいいのかご説明していきます。

白い日傘は、光を反射させて紫外線をカットしてくれます。
黒い日傘は、日傘自体が紫外線を吸収する為、お肌に紫外線が当たるのを防いでくれます。
どちらが紫外線を多くカットできるかは黒の方が少し高いと言われています。

白も黒もどちらも100%紫外線を遮断してくれるわけではありません。
UV加工している製品であれば色は特に関係ないともいわれています。

 

紫外線対策-クリーム

紫外線対策としてやはりはずせないのが日焼止めクリームですよね。
日焼止めクリームは肌の露出が多い場合に塗ることで紫外線から肌を守ってくれます。
こちらも100%紫外線から肌を守るものではないのですが効果はあります。
日傘をさしながらクリームを塗っておけば効果は高いのですが、毎回出かける際や汗をかいてクリームが落ちた時に再度塗りなおすのは面倒ですが
紫外線から大事なお肌を守るためにはこまめな作業が必要になります。

 

紫外線対策-サプリ

今年から流行り始めた飲む日焼け止めサプリになります。お肌を外から守る以外にも体内から紫外線から守ってくれるというサプリが販売されています。
お肌以外にも目を紫外線から守ってくれるので日焼け止めクリームでは濡れない箇所もこのサプリでケアすることが出来るのが魅力の一つです。
今現在飲むサプリだけでは日焼対策が全て出来る訳ではないのでクリームと併用して使うことで効果を今まで以上にあげてくれます。

 

紫外線対策-食べ物

日焼け対策に効果がある栄養素を豊富に含み、しかも簡単に作れる料理をご紹介します。それは、トマトとツナのバジルサラダ。トマトはビタミンACE、ツナはビタミンE、バジルはビタミンAがそれぞれ豊富に入っています。
さらにビタミンEは油と一緒に摂取すると効果が高まると言われています。
ツナの油が吸収を促進してくれます。すべての材料を混ぜて冷蔵庫で冷やすだけでできるのでとても簡単に食事からも日焼け止め対策が可能となっています。

 

紫外線対策-まとめ

いかがでしったでしょうか?ちょこっとした豆知識ほどのご紹介内容ではありますが、もし知らないことがあったとしたらこれを参考にしてもらえればと思います。