「日焼けは肌に悪い」というイメージがありますが、実際どのように悪いのでしょうか?今回は日焼けが肌にどのような悪影響を与えるのか、について詳しく解説します。日焼けの原因は紫外線です。紫外線について学びながら肌に起こる問題などをみていきましょう。

紫外線

紫外線とは太陽から降り注ぐ電磁波の一種です。

紫外線にはUVAUVBUVCの三種類があります。

まずは各UV波を紹介します。

UVA波

UVA波はUVの中で最も肌に老化をもたらす紫外線です。

我々が浴びている紫外線の約95パーセントはUVA波です。

この紫外線は肌の深いところまで浸透することができます。

肌の奥底にはハリや弾力に重要なコラーゲンやエラスチンなどがあります。

UVA波を受けると、コラーゲンやエラスチンを破壊するので肌から弾力やハリが失われていきます。

UVB波

UVB波は日焼けの原因になる紫外線です。

UVA波ほど肌の深くには浸透しません。

肌の表皮にて免疫細胞を刺激します。

UVB波を感知した免疫細胞は肌に炎症を起こします。

この為、日焼けをすると肌が赤くなります。

UVB波を浴びると4時間ほどで炎症が始まります。

UVC波

UVC波は地球上には降り注いでいません。

それはオゾン層によって守られているからです。

もしオゾン層がなくなってUVC波が大量に降り注ぐと地球は焼けてしまいます。

そうなれば全生命が生きることも難しくなるでしょう。

80〜90パーセント以上の老化は日焼けが原因

老化をしない為にエイジングケアを行っている人は多いです。

実は老化の原因のほとんどは紫外線によるものなのです。

その為、日焼けをしないように気をつけることがエイジングケアにおいてとても重要なのです。

コラーゲンやエラスチンの破壊

先ほども少し説明しましたが、日焼けをすると紫外線A波が肌の奥底まで浸透します。

肌の奥底にある真皮には、よく美容の話題で出てくるコラーゲンやエラスチンがあります。

我々の肌が柔らかく弾力性があるのはコラーゲンやエラスチンのおかげなのです。

しかし、日焼けをするとコラーゲンやエラスチンは破壊されてしまいます。

そうなると、肌はしぼみ、徐々にシワが出来てきます。

日焼けをしてもすぐに影響が出てくるわけではありません。

日焼けの影響で老化が始まるのは10〜20年後です。

10代の頃の日焼けは30〜40歳頃から徐々に出てきます。

シミの発生

日焼けをすると皮膚の中にいる色素細胞が刺激されます。

色素細胞は周辺にいる皮膚細胞に色素を打ちます。

これは紫外線から体を守ろうとする防御機能の一つです。

色素を打つことによって細胞のDNAが壊されないように守っているのです。

この防御機能によって人間の体は日焼けをすると黒くなります。

黒くなって元に戻る分には何も問題ないのですが、場合によってはシミが残ってしまうことがあります。

紫外線の影響で色素細胞が色素を打ち過ぎることがあります。

こうなると一部の皮膚が他の部分よりも濃くなります。

一般的にシミと呼ばれるのがこのように色素がまだらになってしまった状態です。

また本来色素を打たない皮膚の奥へ打つこともあります。

そうなると根の深いシミを作ってしまいます。

長期的に強い紫外線を受けると、色素細胞がまともに働かなくなり肌色が白抜けしたような状態になる白斑を起こすこともあります。

最も危険なのは皮膚がん

紫外線が肌に及ぼす影響の中で最も危険であるのが皮膚がんです。

UVA波とUVB波両方に発がん性があります。

紫外線は皮膚細胞内にあるDNAを狂わせます。

通常、病気にならないようにすぐに修復されるのですが、修復が間に合わない時にがん化をしてしまいます。

元々の皮膚が白い人ほどがんになりやすく黒い人ほどなりにくいです。

日本人は黄色人種ですがもちろん皮膚がんのリスクがあります。

他のがんに比べると日本での発症率は低いですが、可能性がないわけではありません。

皮膚がんには3種類あります。

種類によって、早期発見が難しく手遅れになりやすいものもあります。

基底細胞がん(きていさいぼうがん)

基底細胞がんは最も発症率の高い皮膚がんです。

全3種の中では一番治りやすいタイプです。

肌の表面にある表皮の一番下にある基底層で発生します。

有棘細胞がん(ゆうきょくさいぼうがん)

有棘細胞がんは基底細胞がんよりも深刻ながんです。

表皮内にある有棘層で発生するがんです。

悪性黒色腫メラノーマ(あくせいこくしょくしゅ)

皮膚がんの中で最も致死率が高いのがこの悪性黒色腫メラノーマです。

表皮内基底層にメラノサイトという色素を打つ細胞がいます。

この細胞ががん化するとメラノーマになります。

転移が非常に早く、気づいた時には手遅れになっていることが多い危険ながんです。

その他の病気

皮膚がん、シワ、シミなどの他にも紫外線によって起こりうる皮膚の病気があります。

  • 紫外線アレルギー
  • ほくろ
  • 毛細血管拡張症
  • 日光角化症

 

まとめ

今回は紫外線の基礎知識、日焼けが肌に与える悪影響や病気の紹介をしました。

日焼けは肌に老化を招く上に、深刻な病気を引き起こす可能性があります。

日焼けの可能性がある日は必ず日焼け止めを塗り、直射日光を長時間浴びないように気をつけましょう。